東海市で弁護士をお探しなら【弁護士法人心 東海法律事務所】

弁護士法人心 東海法律事務所

債務整理(借金問題)

詳細につきましては、以下の各サイトをご覧ください(以下のボタンをクリック)。

  • 電話法律相談へ
  • 選ばれる理由へ
  • 業務内容へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

債務整理について弁護士に相談するタイミング

  • 文責:所長 弁護士 長谷川睦
  • 最終更新日:2021年6月7日

1 早めの相談が肝要です

弁護士のところに、借金の相談に来られる方の大半は、借金の返済が行き詰ってから相談に来られます。

もちろん、何の不安もなく返済を続けていくことができるのであれば、弁護士費用を払ってまで借金の整理をする必要はないでしょうから、借金の返済に困ってから相談に行くというスタンスは間違いではありません。

しかし、借金の返済が困難な状態で、ズルズルと長期間債務を放置したり、他の貸金業者等から借入たお金で別の業者の借金の返済をしたりしていた場合には、その間に、債務の状態がより悪化してしまい、あとから法的な債務整理の手続きをとるうえでの、障碍となる恐れもあります。

そのため、基本的には、少しでも借金の返済が苦しいと感じたら、気軽に一度、弁護士に相談してみるという対応が重要です。

2 借金を長期間返済せず放置することの問題

例えば、引越しなどを契機に、住民票の変更をせずにおいておくと、債権者からの督促の手紙が、新しい住所に届かなくなるなどすることがあります。

このような場合、借金の返済を続けるのが苦しいからという理由で、安易に返済を怠ったまま放っておいてしまうと、遅延損害金によって、借金の残額はどんどん膨らんでいってしまいます。

何年間も放っておいた場合には、遅延損害金によって、気付いたときには借金が2倍以上になっているケースも珍しくありません。

遅延損害金が膨らむ前であれば、余裕をもって任意整理などで対応できた案件でも、遅延損害金が膨らんだ結果、破産以外選択肢がなくなってしまうこともあります。

3 借入金で借金の返済をすることについて

また、借金の返済が苦しくなってきたときに、しばしば行われることが、借金をしてまで返済を続けるということです。

しかし、例えば、来月からは確実に収入の範囲で返済を続けられると見込まれるなどの、特別な事情がない場合には、借入れたお金で借金の返済を続けることは、結局、結論を先送りするだけの効果しかなく、しかも、借金の総額と毎月の返済額が増加の一途をたどって、いたずらに傷口を広げることになってしまいます。

収入の範囲で借金の返済ができなくなっているということは、その時点で既に債務整理が必要な状態になっているということであり、生活費の支払をクレジットカードのリボ払いで先送りしたり、貸金業者への返済を別の業者からの借入で行うことは、非常に危険です。

4 まずはお気軽ご相談ください。

風邪などでも、こじらせてしまう前に早期に対応した方が、安全かつ負担が少なく治療ができます。

これと同じように借金の整理も、少しでも苦しいと感じたら、まずはお気軽に弁護士までご相談ください。

弁護士法人心 東海法律事務所では、皆様からのご相談をお待ちしております。

債務整理にはどのような手法があるかについて

  • 文責:所長 弁護士 長谷川睦
  • 最終更新日:2021年5月14日

1 債務整理の代表的な手法

借金の返済が苦しくなってきたときに、弁護士が債務者の方のお力になるために行う債務整理の手法には3つの代表的なものがございます。

まず一つ目は、任意整理と呼ばれるものです。

これは、個々の債権者と話し合いによって返済スケジュールを組みなおすなどして、毎月の返済額の減額を試みる手続きです。

次に、個人再生と呼ばれる手続きがございます。

これは民事再生法に根拠を持つ手続きであり、裁判所を利用して借金の減額をしたうえで、残った借金を計画的に分割返済していく手続きです。

最後に、自己破産です。

自己破産は、自由財産と呼ばれる一部の例外を除いて、財産をすべて手放すことになる代わりに、破産後の免責と呼ばれる手続きにより、借金の返済義務を免れることができる手続きです。

2 各手続きの長所・短所

一つ目の、任意整理の特徴について整理すると、裁判所を利用する手続きでないことから、場合によっては家族や勤務先に知られずに問題を解決することができる点や、比較的簡易な手続きで終われる可能性が高い点などが長所として挙げられます。

他方で、短所としては、個人再生や自己破産と違って、法律上の強制力がある手続きではないため、借金の元本部分の減額までは認められないことが多い等、3つの手続きのなかでは、最も返済の負担が大きく残る点が短所であるといえます。

二つ目の、個人再生の特徴について整理すると、個人再生は、任意整理と自己破産の中間的な手続きということができます。

任意整理と比較すると、裁判所を利用して法律の定めに従って借金の減額をはかることができるため、返済負担を減少させる面でメリットが大きい点が長所となります。

他方で、自己破産と比較すると、借金の返済義務が一定の範囲で残る点が短所となります。

ただし、自己破産に比べて、個人再生が有利な点としては、一定の条件を満たしていれば、自宅や自動車などの財産を手放さずに済む可能性があるという点や、自己破産のような職業に関する資格制限などがない点が挙げられます。

三つ目の、自己破産の特徴について整理すると、その最大の長所は、借金の返済義務を免れることができる可能性がある点です。

他方で、自宅や自動車などの資産は、基本的に手放さざるを得なくなる点や、一定の資格が求められる職業では破産手続き中は仕事ができなくなる資格制限がかかるなど、財産面や収入面で大きな制限が掛かります。

また、破産手続き中は、すぐに裁判所に出頭できるように旅行や出張の際に裁判所に事前に許可をもらわなければならなかったり、破産管財人が選任された場合には、自分宛ての手紙であっても先に破産管財人にチェックされてしまうなどの私生活面での制約もあります。

このような不利益の大きさは、自己破産の短所であるといえます。

3 まとめ

このように、債務整理には上記のような3つの代表的な手法があり、それぞれに長所・短所がございます。

相談者の方にとって、どの手続きが最適かについてはケースバイケースの判断が求められます。

東海市で債務整理をご検討の方は、ぜひ一度弁護士法人心までご相談ください。

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

債務整理のご相談についてのご案内

こちらでは、弁護士法人心 東海法律事務所(ユウナル東海内)が行う業務の内容の中でも、債務整理に関するものを記載しております。

債務についての問題は、周りに相談しづらいことであるため、一人でお悩みの方もいらっしゃるかと思います。

そんな方々の負担を少しでも軽くし、利用しやすい環境を作るため、当法人では債務整理に関するご相談を無料でお受けしております。

ご依頼いただいた場合の弁護士費用の分割払いも受け付けておりますので、詳しくは弁護士費用のページを御覧ください。

「支払い能力を超える借入をしてしまった……」という場合でも、諦めないでください。

それぞれの状況において、任意整理や個人再生、破産などの方法により再起を図ることが可能です。

当事務所が、状況に応じた最適な方法をアドバイスいたします。

一緒に解決を目指しましょう。

また、消費者金融からの借入期間が長い場合には、借金の大幅な減額や、お金の返還が可能になる場合もあります。

ご相談は原則として無料となっておりますので、ぜひご相談ください。

一人で悩む必要はありません。

初めてのお客様のお問い合わせやご予約は、お電話等にて受け付けております。

お問合せ・アクセス・地図へ